観光タクシーでオリンピックの施設を巡る

4年に1度しかないオリンピックですが、そのオリンピック関連スポットを観光タクシーならより快適に巡ることができます。東京2020オリンピックの施設は様々な場所にあり、一度でいいから見ておきたいと思うところは多いです。

まず、2019年11月に完成した新国立競技場は、都営大江戸線を使って国立競技場駅で下車してすぐのところにあります。開会式や閉会式が行われるメインスタジアムで、陸上競技やサッカーが観戦できます。テレビでもよく放映されるスポットでもあるので、実際に見てみたいと思う場所の一つです。そして、日本オリンピックミュージアムは、今までのオリンピックの歴史や、貴重な写真と映像が公開されています。東京メトロの銀座線外苑前駅で下車し、徒歩5分ほどのところにあります。オリンピックの世界観を色々な角度から発信している場所で、様々なイベントなども開催されています。

こうした場所をいくつか回りたいと思う場合、土地勘がないと電車の時間や乗り換えを調べるだけで疲れてしまいます。さらに、東京の駅構内はいつも混雑していて出口を探すのも一苦労です。また、ルートも一つひとつ自分で考えないといけないので、すべてのスポットを回るは難しく感じるでしょう。その点、観光タクシーを利用すれば短時間で一気に巡ることができます。オリンピックミュージアムはじっくり時間を取り、それ以外のところは効率よく巡りたいという要望も簡単にかなえることが可能です。建物を巡るだけでも、東京2020オリンピックをより身近に感じられるでしょう。

観光タクシーで巡っておきたいエリアに、有明エリアやお台場エリアがあります。東京ベイゾーン有明エリアにはテニス競技や水泳をはじめ、6か所の競技会場があり、東京ベイゾーンお台場エリアには競技会場が3カ所あります。こういった広範囲のエリアも観光タクシーならスムーズに回ることができます。

新国立競技場がある場所と有明、お台場エリアは少し離れているので、公共交通機関か車を使用した移動が必要になります。電車などの時間に縛られてしまうと、本当に見たかった施設をじっくり見れずあっという間に時間が過ぎてしまう、という可能性があります。観光タクシーは時間に制限がないので、好きな場所に好きなだけ時間をかけて、しっかり見学したり記念写真もたくさん撮れるのがメリットです。場所によっては写真撮影もドライバーにお願いすることが可能です。