中学受験の国語で読解力を鍛える

中学受験の国語における読解問題で出題される文章は、受験する小学生にとっては難しい文章であることが多いです。
説明文では環境問題や歴史など多様なテーマについて事例や筆者の考え方を述べています。小説文では登場人物の心情把握が鍵となり、心のうちの移り変わりが問われることもあります。難関校になるにつれて、文章の抽象度が上がり、さらに難しい問題が出題されるようになります。対策としては、徐々に文章の難易度を上げていきながら、志望校に合わせた学習が必要になります。

中学受験のプロである塾や家庭教師は段階ごとに必要な問題を提案できるので有益です。また、その効果を最大限に引き出すのが、解き直しです。
一度読んだ読解問題の解き直しはする必要がないように思われるかもしれませんが、どこに注意して解き直し行うかが非常に重要です。

注意するポイントは「塾の先生が解説した解法で解くことができているか」という点です。

中学受験塾の先生には独自のノウハウがあり、それは大人向けではなく、小学生向けになっています。その解き方を授業後に再現できれば、受験本番でも普段通りの力が発揮できるのです。読解問題の文章は当たり前ですが、同じものが出ることはありません。どんな文章が出題されても、塾で習った解法を用いることで、安定した成績を残すことができるようになるのです。